ポケモン剣盾,ポケモン対戦,ポケモン育成,努力値,基礎ポイント,タウリン,エースバーン,RYO,栄養ドリンク
ポケモン対戦ノート

【ポケモン対戦ノート】③-8ポケモンを育てる・努力値編

対戦で重要な「技」「道具」「特性」まで 一通り触れましたので、
いま一度「ステータス」について もう一押し 深堀りします。

今回は 特訓することで伸びるステータス値(基礎ポイント/努力値)について解説します。

ここから 数字についての話が増えてきますが、
なるべく、例えや図を使いながら書いていきたいと思います。

ポケットモンスター ソード
価格:5788円(税込、送料無料) (2020/1/31時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケットモンスター シールド
価格:5788円(税込、送料無料) (2020/1/31時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆基礎ポイント(努力値)について

まずはおさらいですが、今回掘り下げる「基礎ポイント」(以下通称・努力値)は

過去の記事の③で触れた、「ポケモン自身が成長することで増える」ステータス値のことで、

ポケモンを倒したり、栄養ドリンクで強化できる、
最も私たちがカスタマイズできるステータスポイントです。

今回は「基本ルール」「努力値を得る方法」についてお伝えします。

努力値には 以下3つのルールがあります。

①伸ばせる限界はある

特訓して伸ばせるとはいえ、ゲームシステム上で限界が決められています。
(もし無制限だったら 誰でも全ステータス999になれてしまいますからね!)

限界値は、「6ステータス合計で510ポイント」まで、と決められています。

「510」というポイントを、各ステータスに
どのくらい割り振っていくかを考えるのが「努力値振り」と呼ばれるもので、

たとえば、「物理高速アタッカー」のポケモンを育てる場合なら、
「こうげき」と「すばやさ」に重点的に数値を振り、
より早く、より強い攻撃で相手を倒すことを目指す、といったように
役割に特化した部分に 多く振ります。


②1種類のステータスに割り振れる最大値は「252」まで

ポケモンの「HP」「こうげき」「ぼうぎょ」「とくこう」「とくぼう」「すばやさ」
という6種類のステータスそれぞれに対して、
割り当てられる最大値は「252」ポイントまでが限界とされています。

つまり 攻撃を強化したいからといって、
「こうげき」に 510点すべてを振ることはできません。

なので、例えばすばやさに100振り、こうげきに200振り、残りはHPに振ったりして、
「510」というポイントを バランスよく振るのが大事 というルールです。

※正確な意図は不明ですが、おそらくゲームバランスの調整のためでしょうか。
 特定ステータスに特化しすぎると 値のインフレがすさまじいので…


③ステータスを「1」上昇させるのに 必要な努力値は「1」ではない

厄介なことに、努力値を1振る=ステータスが1上がるではないのです。

買い物のポイントカードのようなもので、10ポイントで1円分になります、というような感じで
ステータスの値を上げるためには 努力値を複数振らないと上がらない、
という仕組みになっています。

では、実際どのように配分すればいいのか? についての説明については
次回以降 個体値を説明したあとに 書きますので、

今回はこういったルールがあるということを 覚えていただければと思います。

スポンサーリンク

◆努力値を得る方法

ポケモンが努力値を得る方法は、2種類の方法があります。

(※ソード・シールド基準です!)

方法①:道具を使う

シュートシティで1本10000Gで販売している
「タウリン」などの薬を使うことで得ることができます。

▼各ドリンク1本あたりから得られるポイント
マックスアップ:HPの努力値+10
タウリン   :攻撃の努力値+10
ブロムヘキシン:防御の努力値+10
リゾチウム  :特攻の努力値+10
キトサン   :特防の努力値+10
インドメタシン:素早さの努力値+10

その他にも、「ハネ」という道具からも得ることができます。

ハネは 5番道路の橋の上か、エンジンシティ右の橋の上で
1日1回 いくつか拾うことができます。

▼各ハネ1枚あたりから得られるポイント
たいりょくのハネ:HPの努力値+1
きんりょくのハネ:攻撃の努力値+1
ていこうのハネ :防御の努力値+1
ちりょくのハネ :特攻の努力値+1
せいしんのハネ :特防の努力値+1
しゅんぱつのハネ:素早さの努力値+1

ですので、たとえば「こうげき」に252振りたいときは、
タウリンを25本使い、きんりょくのハネを2個使うことで
ピッタリ得ることができます。


▼金策について

お金がかかるので、 クリア後のシュートスタジアムで連戦して
「ふしぎなおくりもの」で もらえるニャースを、
バトルでキョダイマックスさせて「キョダイコバン」を3回使うと
たくさん稼ぐことができます。

あるいは、毎日リセットされるワイルドエリアの巣穴で
光る柱1本調べるにつき 2000W手に入りますので、
ゴージャスボールと交換してショップで売ると 30000Gになりますので、
こちらを毎日積み重ねるなどでも ある程度は稼げるかと思います。
※ゴージャスボールが売っているかどうかは日替わりなのでご注意を。

【COLUMN】
道具を使うことでの努力値振りは、ソード・シールドから252まで振れるようになりました。
過去作では、薬だけで最強にさせないためか、100までが限界となっていました。
ソード・シールド以前で努力値を振る場合はお気をつけください。
(また、ブラック2・ホワイト2以前では252ではなく255まで振れます)


方法②:ポケモンを倒す

ポケモンを倒したとき、「ポケモンの種類に応じた努力値」が、
「経験値を得たポケモン」に入ります。

例えば、草むらで遭遇した 野生のココガラを1体倒した場合は、
経験値を得た 味方のポケモンに「素早さの努力値が+1入る」
ような仕組みになっています。

また、ソード・シールドでは 最初から控えのポケモンにも経験値が入るため、
彼ら全員にも同様に「素早さの努力値が+1」入ります。

何のポケモンを倒すと、何に いくつポイントが入るかは
ポケモンの種類ごとに、システム上で決まっています。

対戦するときに、何がどれくらい増えるかを覚える必要はありません。

「倒すことで、特定のステータスに 努力値が加算される」
という点だけ 覚えていただければと思います!

(オンライン対戦やバトルタワーでの戦いでは、努力値の加算はありません。
 あくまでも 草むらでの戦いやトレーナーとの戦いで
 「EXPが加算されたとき」に 経験として加算されます。)

ハネが足りない場合は、こちらの方法で得るといいでしょう。

一般的な おすすめとしては 以下の場所で振ります。

1番道路:ホシガリス(HPの努力値+1) ココガラ(素早さの努力値+1)
2番道路:カムカメ (攻撃の努力値+1) クスネ (特防の努力値+1)
3番道路(エンジンシティ側):タンドン(防御の努力値+1)
8番道路(キルクスタウン側):ユキハミ(特攻の努力値+1)

ただし 育て中のポケモンが複数いる場合に、パーティに入れてしまうと、
振る予定がない努力値が うっかり加算されてしまった!
といった事故もあるので ご注意を。

【COLUMN】
過去作では ②の方法が主流でした。
「経験値を得た」という点がミソで、過去作では「学習装置」がないと控えには入らないため、
先頭のポケモンに集中して稼がせるというのが主な振り方でした。


間違えてしまった場合は?

努力値ですが、ミスして 間違えて振ってしまったり、
育成後も ちょっと調整をいれたくなるときがあります。

そんなときは、「木の実」で努力値を下げることができます。

▼各 木の実1個あたりから 減少するポイント
ザロクの実:HPの努力値 -10
ネコブの実:攻撃の努力値 -10
タポルの実:防御の努力値 -10
ロメの実 :特攻の努力値 -10
ウブの実 :特防の努力値 -10
マトマの実:素早さの努力値 -10

いずれも、ワイルドエリアで集められます。

まとめ
・努力値には限界が決まっていて 合計で510、各ステータス252まで
・努力値1≠ステータス1。複数 溜めるとステータスが1上がる
・努力値は金策して 栄養アイテムで与えるのがラク。
 端数はハネか、戦いで稼ぐ
・努力値は木の実で下げて調整できる

次回は、個体値についてです。

ポケモン対戦ノート 目次はこちら
←前回「特性編」
→次回「個体値編」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ モンスターボール Plusセット
価格:9331円(税込、送料無料) (2020/3/8時点)

 

楽天で購入

 

スポンサーリンク