ポケモン剣盾,ポケモン対戦,ポケモン育成,個体値,ジャッジ,メタモン,オーベム
ポケモン対戦ノート

【ポケモン対戦ノート】③-9ポケモンを育てる・個体値編

今回は「個体値」について説明します。

用語は小難しく見えるかもしれませんが、
仕組み自体は 努力値ほど ややこしくはありません。

ポケットモンスター ソード
価格:5788円(税込、送料無料) (2020/1/31時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケットモンスター シールド
価格:5788円(税込、送料無料) (2020/1/31時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆個体値について

まずは おさらいですが、今回 解説するのは
過去の記事の② で触れた、「遭遇したポケモン1体1体ごとに変わる」
個性的なステータス数値(通称:個体値)です。

個体値は 原則ランダムで、それぞれのステータスごとにバラバラな数値になり、
数値が高いほど ステータスが高くなります。

各ステータスごとに「0」~「31」という値の範囲からランダムで決まり、
「0」なら低く、「31」が最も高い個体となります。

例えば、以下のような 個体値のピカチュウがいた場合

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
19 20 31 30

とくこうが 最大の「31」となっており、
すばやさが 最大の一歩手前、「30」となっているため、
とくこう や すばやさが高いステータスをもったピカチュウになります。

反対に、HPが「0」、とくぼうが「2」と低い水準となっており、
特殊の耐久は心もとないピカチュウといえます。

また、個体値は努力値とは違い、合計の限界値などはなく、
全ステータス 完全ランダムのため、
すべて0の場合もあれば、すべて31の場合もあります。

※補足
プレイヤーの間では、最大の「31」のことを「V」、
最大の一歩手前の「30」を「U」と呼びます。
つまり、前述のピカチュウは 特攻(C)がV、素早さ(S)がUとなります。

また、「6ステータス すべてが31」の場合は、「6V」と呼称されます。

少しでも 簡易表現するための手法ですね。
(これらの専門用語が 外から見ると異様に見えるかもですが…)

また、努力値と同じく「個体値が1である」ことが「ステータス1上がる」ということではないため、
「31」だからといって 「0」よりもステータスが31高いというわけではありません。

ただ、今回は こちらはまだあまり気にしないでください。
詳しくは 次回の記事で 言及します。

スポンサーリンク

◆個体値を調べる方法

個体値は 生まれたときにランダムに決まるため、こだわる場合は
育て屋さんに ポケモンを預けて、タマゴを孵化します。

産まれたポケモンの個体値が どの程度かについて調べるためには、
ソード・シールドでは バトルタワーでランク4までいけば、
ポケモンボックスに 「ジャッジ」機能が追加されます。

※バトルタワーでは 育成済みのポケモンをレンタルできたり、
 伝説ポケモンが使えますので、対戦用にパーティが揃っていなくても 即席で戦えます。

「ジャッジ」では 各ステータスに 以下のような ざっくりな判定がでて、
個体値がわかるようになります。

さいこう(31) > すばらしい(30) > すごくいい > かなりいい > まあまあ > ダメかも(0)

個体値はランダムのため 育成が大変そうにも思えますが、
親から一部を遺伝させることができます。

特に、近作は 過去作ダイヤモンド・パールあたりの頃に比べて かなり簡単です。

詳しい方法は、次々回以降の「遺伝」の記事あたりにて 記載予定ですので、
今回は、基礎ルール と ジャッジ機能で調べられる
という点だけ 抑えておいていただければと思います。

まとめ
・個体値は、各ステータス「0」~「31」からランダムで決まる
・個体値をこだわる場合はタマゴを孵化する
・ジャッジ機能で調べられる
 さいこう(31) > すばらしい(30) > すごくいい > かなりいい > まあまあ > ダメかも(0)

次回は、努力値や個体値を総合して 「ステータスの詳細」について深掘りします。

ポケモン対戦ノート 目次はこちら
←前回「努力値編」
→次回「ステータス詳細編」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ
価格:5262円(税込、送料無料) (2020/2/29時点)

 

楽天で購入

 

スポンサーリンク