ys9,イース9,イースⅨ,アドル,赤の王,ネタバレあり
ゲームレビュー

【ゲームレビュー】イースⅨ-Monstrum NOX-(ネタバレあり)感想

Play Station 4 のゲーム「イースⅨ -Monstrum NOX- プレイした後の感想
気になった点を、ストーリーのネタバレありでお伝えします。

ネタバレを見たくない方はお気を付けください。
(ネタバレなし版は→こちら
また、筆者の主観や意見を多く含みますので、参考程度にご覧くださいませ。

プレイ進捗:2周クリア(難易度ハード/インフェルノ)
プレイ時間:1周目50時間 2周目30時間

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イースIX – Monstrum NOX – 通常版
価格:7293円(税込、送料無料) (2020/3/2時点)

◆シリーズの中でも異彩を放つ作品

今作「イース9」は、イースシリーズの常例破りに挑戦した意欲作
と感じた とても異色な作品に思えました。

発売前は、トレードマークである アドルの赤毛が変わってしまった点で
一抹の不安を覚えたのですが、そちらもしっかりと理由付けされていて、
実際に遊んだところ とても楽しめました。

また、私としても大好きなシリーズであるため、
今回は 心を鬼にして(笑)、先に気になった点を挙げておきつつ、
後から、良いところを全力でよいしょしてお伝えしていきたいと思います。

◆ 「あと一歩」が欲しい!

今作をプレイして気になったポイントは、
もう あと一押しで良くなるところが割とあるように思えたところです。

前作からは3年経過していますが、イースシリーズとしては早い方で、
これまでより急進化を遂げている一方で、繊細な点が気になるようになってきました。

①入力と操作の凸凹感

ガード/回避 / 異能アクション / スキルと多彩にアクションができる一方、
「割り当てるボタン」が多く対応しきれてない印象はありました。

異能アクションは1つのキーをトリガーとして派生するなど、もう一工夫ほしいと感じました。

ボス戦だとこうなる

②ド派手エフェクト

アクションは爽快で 演出もとても凝っているのですが、
攻撃のエフェクト(効果)が派手すぎて 何が起きているのかが わかりにくかったです。

過去作のイース7や8をみると判別しやすく、
フラッシュガード や フラッシュムーヴ を狙う意欲が沸いていたのですが 、
乱戦も多いため たくさん焚かれると 初見では何がどう動いているかわからない状態。

たとえば、味方AIのエフェクトは彩度を落とすとか、
危険度の高い敵の攻撃には アウトライン(外枠)を付けるなど、
かっこよさだけではなく「ゲームの視覚情報である」 という点にも
もう少し気づかいがほしいなと思いました。


③クエストがおつかい

クエストの題材に推理させる内容があっても、
マップ上に目的地がすぐ出てしまうので、おつかいが多い印象でした。

怪人の異能を使って冒険するゲームなので、もう少し
推理要素はプレイヤー側に委ねてもいいのではないかな?と思いました。

ただ、基本は本編に注力されているため
クエストくらいはサクサクでいいのかもしれませんが…!


④インターフェース(画面構成)周り

ゲーム内の画面構成、特にメニュー画面で、
スキルの経験値バーが無くなっていたり、
アクセサリがたくさん増えても 並び替えができなかったりと、
こちらも もう一歩気づかいがほしいと感じたところはありました。

「スキルの成長」は、本作でも習慣的に目標にする要素ですし、
アクセサリも恩恵が大きく 種類も豊富なので、
組み換えによるゲーム性を もう少し 推してよいかと思いました。

スポンサーリンク

◆良かったところ!

①謎が謎を呼び 続きが気になるストーリー

序盤のストーリー展開と、クライマックスにかけての伏線回収が
謎が謎を呼ぶつくりになっていて、
「次は何が来るのか」わくわくしながらプレイしました。

とくに中盤の、監獄都市の閉鎖空間から エスタット街道から外へ出たときの解放感・音楽
気持ちよく、すなおに感動しました。

※なにかの小説の表紙ではありません

キャラクターたちも、本筋と無関係なポジションの人が あまりおらず、全員魅力的でした。
(惜しむらくは、黒幕の正体が少し影薄いかもぐらい?)


②バトルの難易度が絶妙

先に挙げたような懸念点は気になるものの、
アクションの緊張感・爽快感・触り心地は さらに進化を遂げていました。

自他ともにこれだけ機敏に動くのは気持ちいいですし、楽しいです。

「アドル単独操作パート」は賛否あるかもしれませんが、
「フェルガナの誓い」のような 緊張感があるデストライで 挑戦し甲斐がありました。
(これこそ本家アドルといった感じ)

ボスバトルも、イース8のときに比べて ギミック性が増えていて挑み甲斐があり、
特に今作のグラフィック/システムで、オリジン版のニグディルガーと戦えるのは感動しました。
(アヴァロドラギルは出世しすぎ)


③散策と資金繰りの楽しさ

散策と異能アクションが病みつきで、ずっとやっていられます。

移動に制限はありますが、序盤から「壁走り」と「滑空」で
やりたい放題 探索できるので飽きません。

また、お金や素材の資産も 結構無くなるので、資金繰りにも割と工夫が要ります。

3カ所の交換所(アーチェ、モルビアン、カンテラ)を上手に使わないと
すぐに底をついて いい感じに資産がなくなるため、
散策もしつつ やりくりがあって良いバランスに思えました。


④ダークな世界観

「満月のグリムワルド」や「アトラ戦」の雰囲気・BGMが カッコよすぎでした。

(話の設定上は、どちらもバトル難易度 もっと高くて良いかと感じましたが!)

※アプリリス不在時は アドルが激を飛ばしてほしかった…!

▼ルナティックのアトラ戦(曲が好きなので がんばりました)

まとめ

フタを開けてみると 総じて「挑戦し甲斐のあるRPG」でした。

また、個人的にはイース9をプレイされた方は、イース8もセットで遊ぶのもおすすめです。

ストーリーの関連も 少しありますが、システムの違いを見るだけでも
8の方が楽しい部分、9の方がよくできている部分があって2度楽しめます。

ネタバレあり版は以上になります、ありがとうございました。

イースIX – Monstrum NOX – 通常版
価格:3740円(税込、送料無料) (2020/2/3時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

スポンサーリンク