ポケモン剣盾,ポケモン対戦,タイプ相性
ポケモン対戦ノート

【ポケモン対戦ノート】②-1すきなパーティをつくる・タイプ相性編

ポケモン対戦は、実際に遊んだり育てる前に、いろいろ考えることがあります。

まず最初にやることは、対戦で使う「自分の好きな」パーティをつくることです。
手法は人によって違いますが、好きなポケモン1体を中心にして組むもよし、
ストーリー攻略に使ったポケモンで組むでも準備すれば対戦はできます。

ポケットモンスター ソード
価格:5788円(税込、送料無料) (2020/1/31時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケットモンスター シールド
価格:5788円(税込、送料無料) (2020/1/31時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆タイプ相性について

パーティの組み方は自由ですが、1つだけ最初に気にしていただきたいことがあります。

それは、 「タイプの相性」を意識することです。

対戦では、基本はしっかりタイプのバランスを考えてパーティを組んできます。
ストーリーを進めるとき、ジムリーダーを意識して
色々なタイプでパーティを組むのと同じように、タイプの相性を意識しましょう。

たとえばですが、以下のパーティがあったとします。
(私がストーリーで使っていたパーティです)
このパーティの得意なタイプと苦手なタイプを見てみましょう。

ポケモン名 タイプ 得意なタイプ 苦手なタイプ
エースバーン 草・虫・氷・鋼 地面・水・岩
アーマーガア 鋼・飛行 草・虫・フェアリー 電気・炎
ブリムオン フェアリー・エスパー 格闘・ドラゴン ゴースト・鋼
パルスワン 電気 水・飛行 地面
カジリガメ 水・岩 ・炎 電気・地面・格闘・草
フォクスライ エスパー・ゴースト 格闘・虫・フェアリー

まずはこのパーティの得意な相手を見てみましょう。

青字で記載した草・虫・氷タイプには手厚く対処できるため、
虫+氷のモスノウや、草+氷のユキノオーあたりには強く戦えます。

反対に、このパーティの天敵といえるのは地面や電気、格闘タイプなどです。

つまり、地面+水のトリトドンや、電気+水のロトム(水)などは苦手な相手となります。

この苦手なタイプが相手パーティにいると、為すすべもなく負けてしまったり、
相当な工夫が必要で シビアな戦いが求められるため、
そうならないよう改善していくのが、最初のポイントです。


この中でメンバーチェンジ候補といえるのは、

「他のポケモンの苦手を補いにくく、苦手なタイプ相手が多いポケモン」

から検討する余地があり、この中では
パルスワン、カジリガメ、フォクスライあたりが浮かび上がります。

こちらを踏まえたうえで、少し手を加えてみましょう。

ポケモン名 タイプ 得意なタイプ 苦手なタイプ
エースバーン 草・虫・氷 地面・水・岩
アーマーガア 鋼・飛行 草・虫・フェアリー 電気・
ブリムオン フェアリー・エスパー 格闘・ドラゴン ゴースト・鋼
ゴリランダー 水・地面 虫・氷・炎・毒・飛行
サザンドラ 悪・ドラゴン エスパー・ゴースト 虫・氷・フェアリー
ヌオー 水・地面 炎・電気・岩・毒・

こうなると、苦手だった水+地面のトリトドンに対して、
4倍の弱点を突ける草タイプのゴリランダーで優位をとることができ、
水+電気のロトム(水)の攻撃はヌオーで流す(無効にする)ことができます。

サザンドラは、エースアタッカーとして追加しましたが、
フェアリータイプから4倍弱点をつかれてしまうので、
そこは、鋼タイプのアーマーガアで補います。

また、ゴリランダーとサザンドラは虫と氷に弱いですが、
そこはエースバーンとアーマーガアで対処できます。

こうして「苦手を補い合う関係」を築くことが、
パーティ内でタイプ相性を考えるときのキモになります。


ただし、前のパーティから「カジリガメ」(水+岩)を抜いたことで、
こんどは「炎タイプ」に苦手な編成になりました。

水+地面のヌオー や 炎を半減できるサザンドラ がいますが、
たとえば、「リザードン」は火力が高く、
技「竜の波動」(ドラゴン)や「ソーラービーム」(草)を覚えるため、
彼らを突破できる手段をもっています。

そこで、どういった技や道具で対抗するのか。

もしくはまだパーティ編成を練りなおすかを これから詰めていく、というわけです。

スポンサーリンク

◆タイプを覚えるとき おすすめなこと

「いきなりそんなこと言われても 全ポケモンのタイプ覚えられない!!」

という方には、おすすめなことが2つあります。

1つは「バトルタワー」など、疑似対戦形式でのCPUバトルを何回かトライしてみること。

知らないポケモンが出てくるたびにタイプを調べてみたり、
もしくは剣盾ではバトル中でも、「じょうきょう」→「相手のポケモンを選択」で
タイプ確認ができますので、こちらを繰り返していると 何となく覚えてきます。

本番と違って制限時間もなく、相手もいませんので、落ち着いて遊べます。

もう1つは、ポケモン徹底攻略さんの「タイプバランスチェッカー」ツールを使うと、
パーティの有利なタイプ と 苦手なタイプ を導き出してくれますので、
参考にして そこからメンバーを探していくのもおすすめです。

(私もタイプ相性覚えきれないので 日ごろから良くお世話になってます)

▼こちら(外部リンク)

※special thanks! ポケモン徹底攻略様

まとめ
・まずは対戦に向けてすきなパーティをつくる
・苦手なタイプを補い合うことを考える

次回は、パーティ内のロール(役割)について お伝えします。

ポケモン対戦ノート 目次はこちら
←前回「対戦・観戦の魅力」
→次回「ロール編」

ポケットモンスター ソード
価格:5788円(税込、送料無料) (2020/1/31時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケットモンスター シールド
価格:5788円(税込、送料無料) (2020/1/31時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nintendo Switch Lite イエロー
価格:21978円(税込、送料無料) (2020/2/4時点)

 

楽天で購入

 

スポンサーリンク