moon,ゲームレビュー,ムーン,ネタバレあり
ゲームレビュー

【ゲームレビュー】moon(ネタバレあり)感想

Nintendo Switch(原作PlayStation)ダウンロード専用のゲーム 「moon」プレイした後の感想や、
気になった点を、ストーリーのネタバレありでお伝えします。

ネタバレを見たくない方はお気を付けください。
(ネタバレなし版は→こちら
また、筆者の主観や意見を多く含みますので、参考程度にご覧くださいませ。

プレイ進捗:1周クリア
プレイ時間:20時間程度

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニンテンドープリペイド番号 2000円 (ダウンロード版) ※500ポイントまでご利用可
価格:2000円(税込、送料無料) (2020/2/18時点)

楽天で購入

◆気になった点:気づきにつながるヒントがほしい!

「moon」は戦闘がなく、探索や推理をメインとしたゲームで、
伏線がいたるところに張られていて よく練られています。

謎解きが一筋縄ではいかないため やりがいはあるのですが、

終盤になるにつれて 如何せん関連性が見えにくかったり、
ヒントが無さすぎて 結局 総当たり や 待ち になることがあり、
テンポ感 や 解いた時の気持ちよさ は次第に薄れていくように思えました。

中盤までの、行動範囲が広がって 未開の地を開拓していく楽しみは面白かったので、
終盤の詰めは すこし残念に思いました。

(もう少しわかりやすいところに 気づけるヒントがほしかった…!)

もしくは、もっと「ラブが深まることによる 活動の変化」
感じるようなイベントが欲しかったように思います。
(究極は ネカやラブを「稼ぐ」ゲームだったので)

ヒントを探す 日常の散策においても、
家に戻るまでの繰り返しのテンポはあまり良くはなく、 (救済アイテムはありますが)

歩いたり調べたりしただけでも 何かが溜まる・稼げるなど、
もうワンアクセントほしいとは感じました。

ただ、一つ一つのサブゲームは 楽しく作られていて、
とくに「音」や「反射神経」を求めるゲームは、面白かったです。
(一部 判定が厳しいのもありますが…!)

◆アンチテーゼRPGのテーマについて

掲げているテーマとしては、ある種の哲学的な感じで、なかなか挑戦的に思えました。

社会風刺 や 模倣表現については、
moonというゲームのテーマを体現するうえで大事なことなので、
あくまで私個人としては 必要なことだと思いました。


私がプレイしてエンディングから受けた印象としては・・・、
「虚無感」でした。

最後の選択肢は、作り手のセンスを感じましたが、
私個人の1プレイヤーとしては すぐには理解が追いつかないというか
ほかに選択肢はないのだろうか? と思わず探してしまうような結末に思えて、

「虚無感」(いったい何をしてきたのか)…という言葉でしか表せないのですが、
これも このゲームを通じて感じた 「感動」なのではないかと思いました。
(のでレビューさせていただきました)

スポンサーリンク

◆3大 心を動かされたイベント

以降は プレイの思い出の雑記です。

第3位:風車庵の潜入

最初 見てすぐは理解が追いついていなかったのですが、
「まさか、風車が回る音で誤魔化す!?」というのに
気づいた瞬間 メ●ルギアがはじまりました。

ガンコなお爺さんの隙をついて忍び歩くのは 童心を思い出すというか、
子供のころに夜 親の目を盗んで遊んだりするような感覚?で
ゲーム性も相まって 面白いと思いました!

第2位:環境団体の活動内容

環境問題をネタにイチャモンをつけてまわって、結局は褒めてもらいたい、という

露骨に社会風刺していく活動をも「ラブ」としてしまう感じが、

アウトロー的というか このゲームらしいというか…、印象的でした。

第1位:月面の勇者

せっかく苦労して救出した子たちを 経験値にかえてしまうという
これぞアンチRPGといった内容のラストイベント。

私たちプレイヤーとしては、かけた労力や思い入れがあるので
「むしろ集めないほうが良かった…?」とさえ思う 辛辣な1シーンでした。

最後の選択肢は、直前の女王のセリフや、ゲームのキャッチフレーズを思い出して
「No」なんだろうなとは 頭の片隅では感じつつ、

上述のシーンのインパクトや、画面上で子供が逃げている様子から
感情的にはYesに行きたくなる、というジレンマが
moonというゲームからの問いなのかもしれませんね。

◆moonは、意見が分かれるゲーム

「moon」は、「人を選ぶ」ゲームといわれることがありますが、
私は「意見が分かれる」ゲームだと思いました。

ひとつの物事に対しての 裏側や別視点を想像したことが テーマとして掲げられているため
受け手の感じ方や主張に違いが出るのではないかと思います。

プレイヤーがテーマに対して ありかなしかを選ぶではなく、
テーマに対して「描く想像や意見が分かれる」という点で深いゲームだと感じました。

ネタバレあり版は以上になります、ありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニンテンドープリペイド番号 2000円 (ダウンロード版) ※500ポイントまでご利用可
価格:2000円(税込、送料無料) (2020/2/18時点)

 

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ゲーム攻略本 PS MOON オフィシャルブック【中古】afb
価格:8400円(税込、送料別) (2020/2/18時点)

 

楽天で購入

 

スポンサーリンク