ポケモン剣盾,ポケモン対戦,ポケモン育成,個体値,努力値,ステータス計算式,イーブイ,シャワーズ,ブースター,サンダース,ブラッキー,エーフィ,ブイズ
ポケモン対戦ノート

【ポケモン対戦ノート】③-10ポケモンを育てる・ステータス詳細編

今回はステータス値を決めている「計算式」を見て
努力値や個体値が 育成にどう関わるかについて書いていきます。

ポケットモンスター ソード
価格:5788円(税込、送料無料) (2020/1/31時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケットモンスター シールド
価格:5788円(税込、送料無料) (2020/1/31時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆ステータス計算式について

ポケモンの各ステータスは、以下の計算式から決まります。

▼HP
( 種族値×2 + 個体値 + 努力値÷4× レベル÷100 +レベル+10

▼HP以外(攻撃/防御/特攻/特防/素早さ)
{( 種族値×2 + 個体値 + 努力値÷4× レベル÷100 +5 } ×性格補正

※各式での小数点以下は切り捨てる

いきなりナゾの式が出てきましたが、こちらで注目するポイントは以下の3点です。

①「努力値が÷4」されている ということ
②「個体値を足した後に、×レベル÷100」されている ということ
③( )の中の 「 個体値 + 努力値÷4 」 の部分

それぞれについて解説していきます。

①努力値÷4

以前 努力値の記事にて、
「努力値が1上がること」が「ステータスが1上がることではない」
とお伝えしたルールの原理は

こちらの「÷4」のことで、実際のステータス値を1上げるためには
最低でも努力値「4」振らないと上がらない、ということです。

つまり、中途半端に「努力値を7」振ったとしても、
計算式上では「1.75」となり 小数点以下は切り捨てられるので、
実際に上がる「ステータスは1」となりますので、余りの「3」ポイントはムダになってしまうのです。


②個体値×レベル÷100

以前 個体値の記事で、
「個体値が1上がること」が「ステータスが1上がることではない」
というルールの原理についても こちらの「×レベル÷100」のことで、

オンライン対戦のレベル50フラットルールの場合、
あてはめると「個体値×50÷100」となるので、
つまり個体値の半分(÷2)がステータスになるのです。

個体値「30」と「31」を比較した場合、

・30÷2=15
・31÷2=15.5

となりますが、小数点以下は切り捨てますので、
どちらもステータスは 結局「15」と同じになります。


③個体値 + 努力値÷4

ただし ②の掛け算の前の 足し算に注目してみましょう。

個体値 + 努力値÷4 とされています。

「努力値を4振った状態」での
個体値「30」と「31」を比較した場合
はどうなるでしょうか。

・( 個体値30 + 努力値4÷4 ) ÷2 =15.5 →切り捨てて15
・( 個体値31 + 努力値4÷4 ) ÷2 =16

となり、個体値31の方が 1だけ高くなります。


もう一つ 例を出します。

個体値が「31」の場合に、
努力値を 4振った場合 / 8振った場合 / 12振った場合は

それぞれどうなるでしょうか?

:( 個体値31 + 努力値4÷4 ) ÷2 = 16
:( 個体値31 + 努力値8÷4 ) ÷2 = 16.5 →切り捨てて16
:( 個体値31 + 努力値12÷4 ) ÷2 = 17

となりますので、4振った後 さらにステータスを1上げたいと思ったら、
つぎからは努力値が8必要
になるのです。

つまり、Bのような振り方は ムダになってしまうのです。


なにやら 込み入ったことを書きましたが、
これらを総括して言いたいことは、「努力値の振り方」です。

・個体値が奇数の場合は、最初は4振り、以降は8ずつ振る
・個体値が偶数の場合は、8ずつ振る

計算式から導き出される こちらのルールを実践することで、
努力値をムダなく、ステータスを洗練して伸ばしていけるということです。

スポンサーリンク

◆ロール別 重要ステータス

個体値の育成については 次回の「遺伝」の記事で書きますが、
最初は あまり気にしなくてもいいです。
努力値を無駄なく振る方がラクですし、大事です。

こだわりたければ「アタッカーの素早さは個体値31」だけは意識しておくといいでしょう。
(先攻・後攻とれるかが、1違うだけで差がでてしまうため)

そして努力値の振り方も、最初はロールに合わせて
有効なステータスに252振り、残りはいい感じに半分にするなどで 全然戦えます。

慣れてきたら、調整していけると さらに広がりが出てきますが、はじめはこちらでOKです。
洗練されていることが何より大事です!

ロール別に 重要度を以下にまとめてみましたので、参考程度にご覧ください。

◎:最重要 〇:重要 △:どちらでも ×:基本は不要 ?:内容による

▼ロール HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
物理高速アタッカー ×
物理鈍足アタッカー ×
特殊高速アタッカー ×
特殊鈍足アタッカー ×
両刀アタッカー
物理ディフェンダー
特殊ディフェンダー
両ディフェンダー
サポーター

※サポーターは難しいですが、仕事できずに倒されてしまうのが
 一番悲しいので 素早さを上げるか、耐久面に振るのが 鉄板ではあります。

まとめ
・個体値が奇数の場合は、努力値は 最初は4振り、以降は8ずつ振ることで1上がる
・個体値が偶数の場合は、努力値は 8ずつ振ることで1上がる
・ロール別に重要なステータスを伸ばす(素早さは意識する)

次回からは、タマゴの孵化による「遺伝」について深掘りします。

ポケモン対戦ノート 目次はこちら
←前回「個体値編」
→次回「遺伝・前編」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ
価格:5262円(税込、送料無料) (2020/3/3時点)

 

楽天で購入

 

スポンサーリンク